「ドイツ式 フットケア」は足の悩みを解消してくれる!

ドイツ式フットケアは爪のケアもしてくれてケアの仕方も学べる

ドイツ式フットケアは足裏の悩みや不快感を解決ドイツ式フットケアは爪のケアもしてくれてケアの仕方も学べるドイツ式フットケアはサロン形式で丁寧な施術が受けられる

まず、爪を正しい形にカットしたあとに、足の痛みの原因となる皮膚への食い込みの部分を除去してくれるのです。
爪は合わない靴などに圧迫されることで、おかしな形のまま長くなってしまうことがありますから、定期的なケアが必要な部位です。
また、正しい切り方は長方形のようにスクエア状に整えることで、先端をとがらせては爪が剥がれてしまうといったトラブルが発生しやすくなります。
ドイツ式 フットケア」を受ければ、こうした正しい爪の切り方や足のケアの仕方を学ぶことも可能です。
「ドイツ式 フットケア」のお店はまだ数が少ない傾向にありますが、百貨店などに入店していたり、ビューティーサロンとして開業している場合もあります。

フットケアしてきた🤗
ドイツ式の角質取るやつ😊

— yuta nakano (@yutanakano_jp) December 26, 2020
予約なしでもケアを行ってくれるお店がほとんどです。
本格的なケアを実施するお店は、ドイツのフットケア国家資格「ポトロギー」を学んだ専門家が在籍していることもあります。
もともとドイツでこうしたフットケアに対しての意識が高められたのは、王朝時代にハイヒールなどの細長い靴を履く習慣があったからと言われており、その時には身体の不調を訴える貴族がたくさん存在したそうです。
そのため、古くから足と健康の関係について研究されており、現代日本で慣れない靴を履く人の助けにもなっています。